1. HOME
  2. 応援ブログ
  3. みんなの合格体験記
  4. 担当のサポートで安心できた!素直に地道に取り組むことが大事

担当のサポートで安心できた!素直に地道に取り組むことが大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
担当のサポートで安心できた!素直に地道に取り組むことが大事

資格を取ろうと思ったきっかけは?

元々、建築業界である鋼材を扱う営業をしていましたが、建築の知識がほとんどありませんでした。
現場で一つ一つ経験して知識を付けていくのもいいですが、資格を取得することは知識を得るのに手っ取り早いし、皆さんに信頼していただけると思いました。

2Q_construction_Obitsu.png

日建学院との出会いは?

前職で新潟県に居たときに、ゼネコンに勤める友人が一級建築士を目指して日建学院 新潟校に通っていて「分かりやすくてとても良いですよ」と言っていたからです。

今の会社に入って1か月程経った頃「そろそろ日建学院に行こうかな」と思っていたら、丁度良く日建学院さんからお声がけいただきました。

2Q_construction_Obitsu.png

独学は考えましたか?

元々勉強ができる方ではなく、サポートしてくださる方がいる環境に身を置きたかったので、独学は考えていませんでした。

また、スポーツジムのように同じ目的を持った人間が周りにいると自然とモチベーションが上がり、勉強へのやる気も出てくると思いました。

2Q_construction_Obitsu.png

日建学院はいかがでしたか?

担当の方の対応が素晴らしかったです。私が営業マンだった頃に会いたかったです()

本屋さんでテキストを見ていたので、テキストや講義が分かりやすいのはもちろんですが、それよりも細かいサポートに非常に助けられて、安心して勉強できました。

2Q_construction_Obitsu.png

勉強サイクルは?

123時間程、問題集で50100問勉強していました。
講義でインプットを行い、その後すぐに確認テストや問題集でアウトプット、間違えた問題や分からなかった問題はすぐにテキストで確認し、しっかり自分のものとなるよう理解して、記憶に定着するようにしました。

最初に日建学院さんの講師の方が「1日でも勉強しない日があると、34日とズルズルと勉強しない日を許してしまう。それは勿体ないから15分でも10分でも継続することが大事。」と仰っていて、少なくとも30分~1時間は勉強していました。

2Q_construction_Obitsu.png

どのように勉強していましたか?

問題集は最初から最後までそのまま続けて解くのではなく、問題種別ごと・50問ずつなどで区切って、小さい範囲で問題を解くようにしていました。

また、自分が経験したことのない工事や作業内容はイメージが掴みにくく、テキストの文面のみで覚えようとすると記憶に定着しにくいため、書籍やインターネット等で工事の写真や動画を見るようにしていました。

自分にあった勉強方法を見つけることが大事だと思います。
日建学院さんが提示してくださる学習プランにプラスして自分なりの学習法を確立することにより、学習密度がより濃いものになるかと思います。

2Q_construction_Obitsu.png

大変だったことは?

平日の夜はスポーツジムやお酒、映画といった趣味に時間を費やしたいので、朝早く出社して勉強したり、昼休みや隙間時間に勉強したりしていましたが、中々大変でした。

絶対に1回の試験で合格するという強い気持ちと問題集や確認テスト、過去問で全問正解という達成感と安心感を得ることがモチベーションでした。

2Q_construction_Obitsu.png

成績は最初から良かった?悪かった?

成績は最初から悪くはありませんでした。

資格取得の勉強をしていく中で「あれもやらなければならない」「これもやらなければならない」と様々な情報を目にして不安になることもあるかと思います。

しかし、日建学院さんは資格取得のプロですから、担当の方のアドバイスや与えられたテキスト・問題集を素直に地道にコツコツ取り組むことで、成績は勝手に上がっていくと思います。

2Q_construction_Obitsu.png

資格取得で変わったことは?

周りの見る目が変わり、仕事に対する理解や責任感が生まれたと思います。いずれ三代目として継ぐ立場で、現場で出会う職人さん達が「大丈夫かな?」と気にかけてくれるのですが、「資格は取得したけど、今も試験勉強中です」と伝えると「いいね」と言っていただけるようになりました。

以前は現場で職人さん達が作業していて「これはこういうものなんだ」くらいで見ていたのですが、資格を取得したことで作業の意味をきちんと理解し、職人さん達と共通項ができた感じがします。

また、今後1級建築施工管理技士を取得することにより、「特定建設業許可を守っていくのは自分自身」という新たな責任感も生まれてくると思います。

2Q_construction_Obitsu.png

今の仕事の魅力は?

目の前で実際に建築物が出来上がっていくのを見ていると、とても面白いです。

様々な職種の方々が結集し、知恵を出し合い、協力して1つのものを作り上げていく様子は、1本の映画を観ている気分になります。
大変なことも少なくありませんが、その分、現場が終わった際の達成感は格別です。

2Q_construction_Obitsu.png

今後の受験者へメッセージを!

「継続は力なり」は本当です。どの業界でも有名な方、人々を魅了する方はたゆまぬ努力をしています。
学習は塗装のように反復することにより、より濃く、より確実に身になります。

学習の初めは理解できないことが多く、非常に体力を使いますが、理解が深まり、知識がついてくれば問題がスラスラ解けるようになり、毎日の学習が苦にならなくなります。最初だけ少し大変ですが、その壁を乗り越えてしまえば後は楽になるはずです。正しい努力をすれば、結果は絶対に良いものになりますので頑張ってください。

2Q_construction_Obitsu.png
  • このエントリーをはてなブックマークに追加